新宿キリスト教会ブログ

今まで一度も福音を聞いたことのない方へ

7月19日主日礼拝


2020/07/19主日礼拝『ラバンのはかりごとと神の祝福』(創世記30:25-43)

 


2020/07/19『道であり、真理であり、いのちであるキリスト』(ヨハネの福音書14章1-6節)

 

救いへの唯一の道であるキリスト、闇に打ち勝つ真理であるキリスト、尽きることのない、まことのいのちであるキリストの奥義を、今週も深く味わうことのできる私たちでありますように。

聖書的な育児&育児の知恵❣9

f:id:sjk7000:20200721004502j:plain
『そこにはなお、十分の一が残るが、それもまた、焼き払われる。テレビンの木や樫の木が切り倒されるときのように。しかし、その中に切り株がある。聖なるすえこそ、その切り株。」』イザ6:13

神様が世界を生かすために残されている人がいます。それがレムナント(切り株)です。

切り株を英語でRemnantと言います。残りの者、残る者、残す者、残れる者という意味があります。

木が切り倒されても切り株は残ります。根がキリストなので、切り株(残りの者)には生命があり、そこから新しい芽(残る者)が出てきます。そしていつか木(残れる者)になり、森(残す者)を成します。どんなことがあっても神様が残されているレムナントがいるのです。

聖書の中にもレムナントがいます。

ヨセフは奴隷や監獄に入れられても、夢(ビジョン)を握って世界を生かしました。

モーセも王宮で育てられましたが追われ、荒野で40年を過ごした後に出エジプトをしました。

それ以外にも、サムエル、ダビデ、エリシャ、イザヤ、パウロは奴隷や捕虜、属国の時代に神様が世界を福音化するために残されました。私たちや子どもたちも神様のレムナントです。

終わりの時代は様々な苦しみがあります。しかしその中でも残された者として神様が私たちや子どもたちを準備されているのです。

子育ての知恵👦👧

息子の保育園の園児の母親が亡くなりました。最近は若くても癌で亡くなる方が多いです。子どもの幸せの為にもお母さんは霊的にも、精神的にも、肉的にも健康になってください。

霊的な健康はメッセージです。メッセージを聞いていると恵みを受けるようになります。そうすると力が出てきます。私は家事が嫌いですが(笑)メッセージを聞きながら家事をすると、不思議と家事が終わった後にスッキリした気持ち&力が湧いてきます。お試しください(笑)

精神的な健康は黙想と読書です。雑念とストレスを止めてください。それは何も考えない時間を作るのです。それだけでも心と脳が生かされて、身体も本来の自然に癒される力で治癒されるようになります。

読書は6分だけしたとしても68%のストレス軽減効果があります。音楽を聞いたり、散歩したり、コーヒーを飲むよりもストレス解消されるのです。

そして肉体の健康は食事と運動です。食事は白いものは身体に良くないと言われています(白米、白砂糖、小麦粉などなど)。私は息子の離乳食が始まるまでは玄米を食べていました。自分に合った食事法をみつけるのも健康の助けになると思います。

そして運動です。運動しないとと思ってジムに通ったことがありますが、毎日葛藤していました。しかしテニスは毎日行きたくなります。自分に合っている運動があります。それを探し出せたらストレス解消にもなります。

お母さんがストレスがなく生き生きしていたら、子どもたちにも良い影響が及ぶようになります❣

7月12日 主日礼拝メッセージ


2020/07/12主日礼拝『神の祝福を知らなかったラケル』(創世記30章1-24節)

 


2020/07/12主日礼拝『神の子どもの身分と祝福』(ヨハネの福音書13章1-20節)

 

 

この週も、神様の力の偉大さと、私たちに与えられた祝福の豊かさに、目が開かれる一人一人でありますように。