新宿キリスト教会ブログ

今まで一度も福音を聞いたことのない方へ

2月7日主日礼拝メッセージ

一部

 


2021/02/07主日一部『兄たちを慰める信仰者ヨセフ』(創世記50:15~21)

 


2021/02/07主日二部『出エジプトを個人化しましょう』(使徒7:17~34)

 

今週も、キリストの血によってまことの解放を与えられた祝福を、みことばの中で十分に黙想する私たちでありますよう。

聖書的な育児&育児の知恵❣39

f:id:sjk7000:20210204063805j:plain

『わたしを愛し、わたしの命令を守る者には、恵みを千代にまで施すからである』出20:6

偶像崇拝する人にはのろいが3~4代まで及びますが、キリストを通して神様を信じた人には1000代にまで及ぶという約束を下さっています。本当に感謝ですね💕

私は子育てをする中で息子に申し訳ないと思うことがあります。それは『喧嘩』です。両親が喧嘩をすると子どもは自分のせいで喧嘩してると思うので、ストレスを受けたり悲しんだり苦しみます。

私が聖書的な子育てで載せていることが、できない時も多々ありますしね。その時は自己嫌悪になります。『私じゃなくてもっといいお母さんだったら良かったのにね』と思うこともあります。

だけどその度に思うことは『もし完璧なママだったら、最高の教育を受けられたかもしれないけど、未信者6つの状態で滅びるしかないよね』最高の教育を与えられても、福音を知らなければ結局は滅びてしまいます。

『私は足りないけど、キリストを通して神様を信じたことで、この子は神様の子どもになって聖霊が導いてくださるし、神様は1000代まで祝福されると言っているし、間違いなく天国に行けるようになった』と思うと慰められます。

私は足りないですが、神様がこの子の生涯を最高の道に導かれ、レムナントとしてのろいや災いを止めて、日本と世界福音化をして下さると約束されています。

なので…子どもに希望の言葉をプレゼントしてください。

『あなたは神様に選ばれたレムナントだよ』『祝福の源として、神様はあなたを通してすべての民族を祝福されるよ』『あなたが7000人で、神様はあなたを通して世界と日本を生かされるよ』と、何でも大丈夫です。子どもに希望を植えつけてください。

その言葉が子どもの潜在意識、無意識に刻印された時に、どんな事があっても乗り越えられるレムナントになります。

子育ての知恵❣

前回はお母さんの『オキシトシン』でしたが、実はお父さんにも『オキシトシン』が脳から出ることが発見されました。

赤ちゃんを15分抱っこした後に採血をした所、オキシトシンが増えたのです。しかもお父さんのオキシトシンが増えると、それを追いかけるように赤ちゃんのオキシトシンも増えました。『父と子の愛情や絆』が深まるという事です。

またドイツで研究された内容ですが、独身の女性が接近して来た時に『オキシトシン』がない男性は55cmまで大丈夫でしたが、オキシトシンのある男性は70cmで抵抗を感じたのです。なんとオキシトシンは、浮気防止の役割も果たすことが分かりました。

ちなみにオキシトシンを出すのは、肌のふれあいが一番効果が高いですが、見つめ合うだけでも出ます。

最近は『イクメン』という、昔に比べたら育児を手伝おうとしているお父さんは多いです。しかし赤ちゃんが泣いた時にお父さんの脳はまったく反応せずに、お母さんの脳だけが反応するので結局お母さんだけが動いたり…

お母さんはイライラしていて、赤ちゃんは人見知りで抱っこしても泣かれ…どうしていいか分からずにいるお父さんもいると思います。(お母さんのイライラの原因や、赤ちゃんの人見知りに対しては以前載せたのに書いてあります)

しかしお馬さんや、高い高いなど体を使って遊ぶ、お父さんの方が有利な育児スタイルもあるはずです。

子育ては『親の脳』特に海馬で変化が起こっています。独身時代や子どもがいなかった時の記憶はあまり活用できません。新しい知識が次から次へと増えます。古い細胞を捨て、新しい細胞が生み出されています。なんと子育てを通して、親の脳も成長している時期なのです。

1月31日主日礼拝メッセージ

一部

 


2021/01/31主日礼拝一部『ヤコブの埋葬』(創世記50:7-14)

 

二部

 


2021/01/31主日礼拝二部『創世記を個人化しましょう』(使徒7:6-15)

 

 

「もしあなたがたがキリストのものであれば、それによってアブラハムの子孫であり、約束による相続人なのです。」(ガラテヤ3:29)

 

契約を継ぐ者として、主がアブラハムと結ばれた契約を、私たちの内に個人化する一週間となりますように。