新宿キリスト教会ブログ

今まで一度も福音を聞いたことのない方へ

聖書的な育児&育児の知恵❣11

f:id:sjk7000:20200803231825j:plain
『それゆえ、男はその父母を離れ、妻と結び合い、ふたりは一体となるのである。』創2:24

今日は夫婦のお話です。最近の夫婦は親離れ(子離れ)が出来ていなくて、例えば夫婦の問題に夫の両親や妻の両親が口出してくるなどの問題で、結局夫婦生活が上手くいかないで離婚する人が増えています。

また韓国の場合は儒教の思想が強くて、幼い時から儒教の教えを心に刻まれているので、夫の両親によく仕えるのは当たり前のような風潮があります。

私は結婚して、毎月夫の実家に連れていかれて、その後から喧嘩が増えたのですが…夫が、夫の両親の話になると人が変わったようになるのが不思議でした。最初はなぜそうなのか分からなかったのですが、喧嘩したり話し合いをする中で、儒教に洗脳されているということを知りました。

ちょうどその頃に韓国の歴史について大学で研究されている人と話した時に、儒教について詳しく説明してくださって、それが夫婦関係にどのような影響を及ぼしているのかも教えてくださいました。

その時から夫に創2:24のみことばを伝えました。夫はかなり長い間教会に通っていたのですが、創2:24のみことばを知らなかったことに驚きました。

日本には成人式がありますが、親元にいると大人になったという意識は弱いと思います。本当に親から自立して夫(妻)と家庭を築いていく、そのような自覚や覚悟があってこそ子育ての大変さや夫婦関係に向き合って行けるようになると思います。

👧子育ての知恵👦

子育てをおおらかにしている人と、怒りっぽい人の違いは何でしょうか?

それが怒りであり、怒りの原因はたった一つなんです。それが『期待はずれ』
私は結婚式のメッセージで『相手に期待してはダメだよ』って言われてその時は「期待しちゃダメなんだ」と軽く考えていましたが、今は『名言』だったと思っています。

つまり怒りっぽい人と言うのは無意識のうちに期待値が高いのです。「夫なんだからこうしてくれて当たり前」とか…。

じゃあどうしたら期待を下げることができるかというと…
1.当たり前のことに感謝する
2.相手の立場に立って考えてみる

そうすると自分は完璧ではない。相手も完璧ではないということが分かるようになって期待値が降りていきます。

ちなみに自分は完璧ではないのでキリストが必要であり、相手も完璧ではないのでキリストが必要。とお互いがキリストを見上げないといけないと悟るようになります。

だんだん期待が下がっていくと、前はイライラしたり怒りっぽかったことが、幸せや満足に変わっていくようになります。