新宿キリスト教会ブログ

今まで一度も福音を聞いたことのない方へ

聖書的な育児&育児の知恵❣21

f:id:sjk7000:20201004204358j:plain
『また、荒野では、あなたがたがこの所に来るまでの、全道中、人がその子を抱くように、あなたの神、主が、あなたを抱かれたのを見ているのだ』申命記1:31

子育てをすると『自己肯定感』が引っかかりますが、私の周りで一番自己肯定感の低い人は夫だと思います。夫はまだ3~5歳ぐらいの時に(本人も正確な年齢を知りません)母親が病気で亡くなりました。

父親はとても厳しい人でしたが、3人の子どもたちを祖母や叔母に任せて何年か出稼ぎにいなくなったみたいです。

その後に戻ってきて再婚し、娘が1人産まれましたが、継母の配慮が足りなく、自分の娘にはいい物を買ってあげたりしていたそうです(夫は鈍い方なのですがそれでも分かるぐらい)

もう一人すぐ下に妹がいたのですが、その妹は耐えられなくなり、叔母の元に家出してそこで育ててもらったそうです。

お互い再婚同士で、父親は子どもを育てる人が必要で、継母は離婚してどうしようもない状態での再婚だったらしく、よく離婚寸前の大喧嘩をしていたらしいです。

こんなに最悪な環境で育ってきた人はあまりいないと思います。

先週ふっと気になって「どうやって自己肯定感を回復したの?」と聞いたら
①神様の愛
②妻の愛
③子どもの愛
で、回復したと言っていました。

「どうやって神様の愛を受けたの?」と聞いてみたら、基礎メッセージを聞き続けたそうです。自分や自分の家庭がこのようになるしかなかったのは『悪魔が背後で働いていたから』そうなってしまった。また罪の中で、神様を離れた状態だった。その解決策は『キリスト』である。そして今は祝福の源になった。

というメッセージを聞き続けたそうです。その中で私に会って結婚して、そこで親から貰えなかった愛をたくさん貰ったそうです(私は幼児教育や心理学を学んでいたので理解出来たのですが…例えばスーパーに行くと「これ買って欲しかったけど買ってもらえなかったから買って」とねだられました)

そして息子を愛すると、息子も愛を返してくれることを感じながら癒されたそうです。

夫は福音を聞く中で癒されました。20歳を超えても『自己肯定感』は自然に回復できるんだと知りました。まずは神様の愛を受けることです。今日のみことばのように、神様は親が子どもを抱っこするみたいに『私を抱っこ』してくださり、荒野のような今の生活でも抱っこしてくださっています。すべての問題はイエスキリストを十字架につけて解決されました。そこに神様の愛があるのです。

そして周りの人からの愛も受けてみてください。両親から愛されなくても、一緒にいる家族や子どもが愛してくれています。また理解してくれる友人がいるかもしれません。

神様の子どもになったあなたを神様は愛されていて『神様の胸に抱っこ』されています。子どもも神様の子どもになったら、生涯神様が『抱っこして愛してくださる』祝福を享受することができます。