新宿キリスト教会ブログ

今まで一度も福音を聞いたことのない方へ

聖書的な育児&育児の知恵❣37

f:id:sjk7000:20210122201123j:plain
育児メモ📝

『わたしは、おまえと女との間に、また、おまえの子孫と女の子孫との間に、敵意を置く。彼は、おまえの頭を踏み砕き、おまえは、彼のかかとにかみつく』創3:15

実は私、胎嬰児のメッセージを聞きながら悟ったことがあったのです。

それは創3:15であるキリストを信じた私たちは、創1:27である『神様のかたち』を回復し、創世記3章ののろいや苦しみが終わったということです。

だとしたら、創3:16で言われている『苦しんで子を産まなければならない』これも終わった!と悟ったのです。

しかし分娩室で問題が起こりました。なんと胎児が『胎便』をしてしまったそうで、胎便を飲むと大変なことになるので、一時間後に帝王切開をしましょうと言われてしまったのです。最悪なパターンです。

ここから集中して祈り始めました。創3:15ですべてが回復されたと握って祈り続けたのですが、あっという間に産まれてしまいました。その産婦人科は韓国でもかなり大きな産婦人科で、たくさんの妊婦を担当されているベテランの女医先生だったのですが「今までこんなに早い出産は初めて」と言われました。

私たちの創世記3章の問題は終わりました。苦しみ、のろい、死(死は天国へお引越しです)、子どもの問題は終わったのです。

創1:27『神様のかたち』が回復し創1:28『神はまた、彼らを祝福し、このように神は彼らに仰せられた。「生めよ。ふえよ。地を満たせ。地を従えよ。海の魚、空の鳥、地をはうすべての生き物を支配せよ』この祝福が与えられているのです。

しかし問題は、創3章の問題が終わったことが信じられないのです。自分の現実や状況、また周りの人の生き方(未信者)の影響を受けて、今までと同じように創世記3章の問題の中で生きようとしています。

私は出産の問題でしたが、すべての問題で『私の創世記3章の問題は終わった』ことを心に刻印してください。

このみことばをプレゼントします。『だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました』Ⅱコリ5:17

今までのように生きる必要はないです。考えから新しくして、新しく造られた者として生きていきましょう。

今回は本のオススメです。

この本は3~10歳の子どもさんがいる両親はぜひ読んで頂きたいです。

『Ouchi Sei Kyouiku』
おうち性教育です。息子もまだ4歳なので早いな~と思いつつ、いつかの時の為に読んでおいたのですが、今読んでおいて本当に良かったと思いました。漫画なので読みやすいですし、両親が子どもの性についてどうやって教えたらいいかが細かく説明されています。

親が子どもに教えてあげると『性的なトラブルを避けられるようになります』

また、自分の性や体に対して肯定的に捉えられるようになって『自己肯定感の高い人間』になります。

ちょっと載せますと『プライベートパーツ』である『口、胸、性器、おしり』は『いのち』に関わる場所で『あなただけのものだから、大切に扱わなければいけない』勝手に触ったり見ようとしてきた人には『嫌だ』と言い、逃げるように教える。などなどです。

大切な内容はたくさんあるので、ぜひ読んでみてください。性は神様が結婚した人にくださった祝福です。それを汚いものや穢れたもの、また恥ずかしいものとして扱うことがないように(両親が教えることができなかったら、学校でも詳しくは教えないので、アダルトを通して学ぶようになります)正しい知識を教えてあげてください。