新宿キリスト教会ブログ

今まで一度も福音を聞いたことのない方へ

聖書的な育児&育児の知恵❣49

f:id:sjk7000:20210424003500j:plain
『神のことばは生きていて、力があり、両刃の剣よりも鋭く、たましいと霊、関節と骨髄の分かれ目さえも刺し通し、心のいろいろな考えやはかりごとを判別することができます』ヘブ4:12

去年の7月頃から夫がとても忙しくなりました。コロナで映像で礼拝を捧げることが多くなり、映像の機材を新しくすることになったからです。

また息子もコロナで保育園の休園が続いて、行った日よりも行かなかった日の方が多い程でした。

実は夫をイクメンとして育てていて、家事も7:3(見えない家事は私が全部していたので)ぐらいでしていたのですが、なんと10:0になってしまいました。夫は家事はまったくしなくなり、帰ってこない日も多くなり、息子と遊ぶことしかしなくなりました。

今年になっても休みだったのは旧正月ぐらいで、後は一日の休みもなく働いています。

以前だったら周りに愚痴ったり、牧師に文句を言ったりしていたと思いますが…

今回は気がついたら乗り越えられていました。なぜかと言うと、メッセージを聞き続けていたからです。

遊びながらもメッセージを聞き(赤ちゃんの頃は消してと言われたのでBluetoothイヤホンで聞いていました)家事をしながらもメッセージを聞き、運転しながらもメッセージを聞いていたら、気がついたら何の問題もなく乗り越えていました。

みことばを聞き続けると『考え』が癒されていきます。ヘブ4:12のみことばのようにです。そして毎日20分集中祈りが1年ほど継続しています。祈ると『心』が癒されていっていることを感じています。

これからは様々な災いが起こるので、生活が変わったり仕事が変わったり…色々な変化が起こると思います。しかしみことばと祈りによって癒されると『心と考えもしなやかに変化』することができます。

子育ての知恵❣

子どもが創意的になって欲しいと思っておられる方も多いと思います。なぜならAI時代に生き残れるのは創意的な子どもだからです。

ではどうやって創意的な子にするかと言うと…。子どもの遊び場を工夫する必要があると思います。

子ども一人につき、その子のスペースを作ってあげてください。マットやピクニックシートを敷いて、ここは○○の場所という所を作ってあげてください。

そしてそこに様々なペンとか折り紙とかお菓子の箱とかトイレットペーパーの芯とか(ゴミになる予定だったもの)をカラーボックスに準備してあげます。この準備は親が常にチェックしてしてあげてください。文房具もセロテープだけでなく、ガムテープとか両面テープとか年齢に合わせて準備すると、創作の幅が広がっていきます。

その中では自分の好きな物を作れるようにして、遊び終わっても片付けません。創作活動は一日では終わりません。片付けてしまうと、折角作っていたものが終わってしまうからです。何を置きっぱなしにしても、どれだけ散らかしてもOKにします。

なぜなら子どもは常に親からの指摘や指示を受けています。その中では自立心はうまれません。なので自分だけの領域を持つ時に、自主的にコントロールする力が生まれます。

自分の世界で自分の作りたいものを好きなだけ没頭できるようにしてあげると、その遊びは発展していきます。ある意味、これが本当の『遊び』といえます。

保育園でも取り入れている所もあります。それを家でもしてみようという感じです。保育園では友達の刺激を受けながら、家では一人で没頭という感じです。

兄弟がいる場合は、ルールを一緒に決めてするのもいいかもしれませんし、上の子が創作活動をしている時は下の子と親が遊んであげてもいいかもしれません。

ちなみに作った作品は飾ってあげてください。自己肯定感もアップします。あまりにも増えた場合は写真を撮ってアルバムに入れておくという方法もあります。